6歳と8歳がレゴwedoでプログラミング!家庭学習アフレルを体験してみました

ガジェット

2020年から小学校でプログラミング教育が必修化されますね。

それに伴い、家庭でもプログラミングにふれたり、塾やスクールなどに通ってみようかな?と考えている保護者さんもいらっしゃるのではないでしょうか?

この記事では、教育機関向けの教材を家庭で学べるプログラミング学習キットを販売している株式会社アフレルの【5歳から学べる教材セット】レゴ®WeDo 2.0 for home by Afrelの体験レビューをまとめています。

\4月25日まで春キャンペーン中/
\ミニフィグなど4大特典つき!!/

>> アフレルのWeDo2.0を購入する

そもそも小学校のプログラミング必修化ってなにをやるの?

2020年より必修化となった小学校のプログラミング教育ですが。

小学生のいる保護者としては「何をやるん…??」と思うところですが、文科省の新学習指導要領を見ると、コーディング(プログラムを書かせる)をするのではなく、プログラミング思考(論理的思考)を学ぶとあります。

だから、塾や家庭学習で高度なプログラムを書かせる勉強をする必要はないんです。ちょっとホッとした半面、余計に何をやればいいんじゃ~い!?という感じです…。

遊びながらプログラミング思考に触れさせてやる、というのがいいのかな?って思いました。

ハルカ
ハルカ

となるとゲームとかロボットですよね…!!

5歳から学べる教材セット「レゴ®WeDo 2.0 for home by Afrel」とは?

様々なスクールや通信教育がありますが、小学校低学年に人気があるのはレゴブロックを使ったプログラミングスクールではないでしょうか?

今回レビューする、株式会社アフレルのプログラミング教材キットも、レゴブロックを使用した「WeDo2.0」を使っています。

株式会社アフレルは、2006年ロボットを教育に適用したEdTech企業として創業されました。現在は、ロボット研究や教育事業、教材開発などをやっている企業です。WeDo2.0の発売元のレゴエデュケーションの正規代理店です。

アフレルでWeDo2.0を購入すると、「WeDo2.0」というキットと、アフレルの独自カリキュラムがセットになっていますので、プログラム学習を何から始めたらいいかわからないママでも安心です。

独自カリキュラムはワークブック形式になっています。

小さい子向けに、できたシートとシールも用意されています。

この他に、専用アプリが使用できるパソコンかタブレット端末が必要になります。

WeDo2.0 とは?

「WeDo2.0」はレゴブロックから発売されている子供向けのプログラム学習キットの名称です。

こちらはWeDo2.0のプロモーション映像です(英語)。WeDo2.0は、世界各国の小学校でのプログラム学習に取り入れられています。

小さい頃からブロック遊びで慣れている人も多い「レゴ」でロボットを組み立てて、タブレットやパソコンでプログラム(子供向けプログラム言語Scratch)して思った通りに動かす。

ハルカ
ハルカ

遊びの延長、ゲームの感覚でプログラミングの仕組みが理解出来てしまうから、日本の子供にも間違いなくおもしろいやつです…!

レゴブロックのプログラミングキットは大きく分けて2種類あって、対象年齢が7歳からの「レゴ®WeDo 2.0」と、10歳からの「教育版 レゴ® マインドストーム® EV3」があります。

対象5歳からのレゴWeDo2.0

プログラミング自体は、画面に並んだアイコンを選んで組み合わせて実行させる、という直感的なものなので幼稚園児でも理解できます。

「科学探査機マイロ」に挑戦!

まずはワークブック1冊目の「マイロ」という探査機に挑戦してみました。

実習前に、保護者はガイドブックに目を通しておき、パソコン(orタブレット)にWeDo2.0アプリをインストールしておきます。

アプリの指示通りにレゴブロックを組み立てる

ワークブックを開けると、まずはパーツの確認や電源に入れ方の説明があります。

電源の入れ方や、動かし方などはワークブックを見ながら行います。(※アプリも使用します)

その後、アプリ上で組み立て画面を見ながらレゴブロックを組み立てるよう指示があります。

メニューから組み立てたい「科学探査機マイロ」を選んで…

画面に表示されたブロックを組み立てていきます。

進んだり戻ったり、進捗状況を確認するボタンは直感的で幼児でもすぐにわかりました。

子供にははじめてのパソコンでしたが、マウスの操作もなんなくこなして楽しそうにやっていました!

完成です!

ハルカ
ハルカ

科学探査機マイロは比較的カンタンなので、6歳くらいなら一人で組み立てられると思いますよ!

WeDo2.0 アプリについて

プログラムやレゴとの接続(Bluetooth)は専用のアプリで行いますので、パソコンかタブレット端末が必要になります。

WeDo2.0の専用アプリの対応OSは(windows10・8.1・7、MacOS、Chromebook、iPad、Android)です。

iOSならiPhoneでもいいのかな?と思いましたが、どうやらiPhoneには対応していないようです。

→ WeDo2.0アプリのダウンロード

アプリでプログラミングして動かす

レゴブロックが完成したら、いよいよプログラムです。

まずはロボットとアプリを接続します。接続はBluetoothで行われます。

画面上の接続をクリック(タップ)して、端末の緑色のボタンを押したら繋がります。

接続完了すると、プログラムの作成画面になります。

右上に今回のサンプルプログラムが表示されていますので、それと同じになるよう作っていきます。

左下の「▲」マークの横に、画面下にあるプログラム(指示がアイコンになったもの)を並べていきます。

※やり方がわかるよう、アニメーションで次にやる動きが表示されています。

ドラッグしていくだけなので、誰でも簡単に操作できます。

プログラムの意味はワークブックを使いながら親が説明したり、質問してやると理解が深まるかと思います(プログラムが全くわからない親でも簡単に理解できるかと思います)。

ハルカ
ハルカ

説明しなくても勝手に理解してましたけどねっ!笑

実際に動かしたら上手に動いていました。

マイロは応用的なもの(センサーをつけて、障害物があったら停止するというもの)もあったので、続けて制作&プログラムしていました。

なお、組み立てからプログラム完成まではおよそ2時間くらいでした。ゆっくり説明しながらやったので時間がかかりましたが、早い子なら30分~1時間あれば完成すると思います。

他のワークブックにも挑戦!

続いてワークブック2のしゃくとりくん、3のざうるすさん、4のあひるちゃんと、他のロボットにも挑戦しました。

ワークブックを見ながらの作成でした。子供的には画面のほうが見やすいとのことですw

ここで問題が発生したんですが、ギアの向きがあってないと動かないんですよ…。当たり前なんですが、けっこうシビアで、組み立てを親が手伝わないと完成は難しいかもしれません。

モーターは回ってるけどギアが噛んでうまく回らないから動かない!という現象が何度もあって、ざうるすさんは完成まで何度もバラして、結局4時間くらいかかりました…

ワークブックの後はアプリにある課題をやってみる

アフレルのワークブックは4冊なので、ブロックで組み立てられるものは4種類になります。

これだけだと物足りないので、WeDo2.0 のアプリに入っているプログラムをやってみることにしました。

入門のところに面白そうなのが並んでます。

入門のものが終わったら、基礎プロジェクト・発展プロジェクトというのもあります。

プロジェクトのものは写真になっていて、どんなロボットを作るのかわかりにくいですが、画面を開いてみると完成写真や組み立て方法などがのっています。

この画面は、基礎プロジェクトの5.植物と受粉を助ける生き物たちで作るロボットです。

アフレルのワークブックが終わって「まだ自分で考えてゼロから作れそうにないなあ~…」という場合でも、アプリにサンプルがたくさんありますので安心です!

ヘリコプターみたいなのとか…

かえる(おたまじゃくし?)とか…

蜂のやつとか…

6歳も8歳も没頭してやっていました!平均作業時間は1体あたり2時間、届いたのが春休みだったので、2週間くらい毎日やっていました~。

特に8歳(男子)のほうが夢中になっていましたね。次から次へと作っては、プログラムは自分でいろいろ変更して楽しんでいました。

レゴのプログラミング家庭学習アフレルはおすすめ!

正直、プログラミングは教室に通わないとダメだろうと思っていましたが、アフレルのレゴ教材キットを使ってみたら家庭でも充分学べるな(母も理解できたし)という感想です。

ハルカ
ハルカ

早まって月謝7000円のスクールに申し込まなくてよかった(笑)

子供は興味あっても、スクールが近くにない、あっても高い、かといって家でやるっていっても何をおしえてあげればいいの…っていうか自分がわからんのに…でもプログラミング必修化とか不安すぎる…というパパ&ママにおすすめできるって思いました。

アフレル春のキャンペーンが絶対お得!

レゴWeDo2.0はレゴエデュケーションの正規代理店から購入できますので、アフレル以外でも販売している店舗はありますが、どこも値段は同じ(30,000円前後)です。

アフレルだとワークブックや特典もついているので、どうせ買うならアフレルが絶対お得

アフレルは4月25日まで、価格が29,700円(税込、通常は30,470円)になる嬉しい春キャンペーン中!
ワークブック5「うさぎさん」、図書カード500円分、保護者向け書籍「プログラミング教育ってなに?」、ミニフィグ「MaxとMia」の4大特典もついています。

MaxとMiaはWeDo2.0アプリの中にたびたび登場するキャラクター。フィグをロボットに載せたりしたい!むちゃくちゃ欲しい~…!!

せっかく買うならアフレルがお得ですので、ぜひこの機会にお申し込みください!

\4月25日まで春キャンペーン中/
\4大特典つき!!/

>> アフレルのWeDo2.0を購入する

コメント